CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

Industry nine(インダストリーナイン)の取り扱いを開始!

industry nine インダストリーナイン

ロード・MTBの完組および手組ホイールの新たな選択肢を追加すべく、INDUSTRY NINE(インダストリーナイン)の代理店を務めるYuris様との取引を開始しました!
アルマイトで輝くハブに秘められた性能をご紹介します。
また、最終的にはホイールのインプレッションも行いますので、この記事をこまめにチェックしてくださいね!

 

インダストリーナインとは

インダストリーナインは、アメリカのノースカロライナー州にある”Turnamics”という会社がスタートしたブランド。
この母体会社は、40年以上にわたり航空宇宙産業などの精密機器切削品を手掛けています。

その高精度の設備を用いて製造する部品は、ベアリングとリムをのぞく全て!
以下の動画で、その行程の一連をご覧いただけます。

 

製品の特長

ラチェット機構が120ノッチ(ロード用は60ノッチ)

それぞれ3度(6度)ごとに爪の噛み合うポイント(ノッチ)が用意されています。
ペダルを踏み出してからのトルク伝達が非常に早く、素早い反応性と加速性をうみだします。

 

Classic hubs, with drive rings installed, waiting for freehub bodies. #Myi9

industry nineさん(@industry_nine)がシェアした投稿 -

また、爪の抵抗を少なくなるよう設計されており、足を止めている間も減速しにくい工夫がされています。
これにより加速・速度維持に要する労力が少なくなるため、ユーザーの体力面をサポートするのもポイントです。

 

6 pawls,120 points of engagement. #wherethemagichappens

industry nineさん(@industry_nine)がシェアした投稿 -

 

幅広い車種に対応

i9-bike

マウンテンバイク、ロードバイクはもちろん、ファットバイクやディスクロードなど、様々な車種に対応。
アクスル形状も豊富かつコンバージョンを柔軟に対応。フリーボディもシマノ、スラム、カンパニョーロ、さらにはシングルギアもラインナップされています!

 

11色の豊富なカラーラインナップ

industry nine インダストリーナイン カラー

2018年時点のカラー展開は11色。性能だけでなく、車体のアクセントに引き立ててくれます。
写真の左上からレッド、ゴールド、グリーン、ブルー、ピンク、オレンジ、ライムグリーン、ターコイズ、パープル。
また写真にないもので、ブラック、シルバーがあります。

 

完組ホイールまたはハブ単体も選択可能

industry nine インダストリーナイン ハブ ホイール hub wheel

完組ホイールはもちろん、ハブ単体でもオーダー可能です。性能・デザインを自分好みにカスタマイズしたオリジナル手組ホイールを作って楽しめます。


完組ホイール

ハブ同様に、自社ファクトリー内で1本ずつ製作されます。これに用いるハブとアルミスポークは完組専用のものを採用(一部除く)。
スポークも自社製造で、ニップルを不要とした仕様により、外周およびホイール重量の軽量化と瞬発性能をUP。さらに全体的には高剛性となるように仕上げられています。

ラインナップは、ROAD(リムブレーキ)、ROAD&CX(ディスクブレーキ)、MTB(29", 27.5", 26")、MTB(PLUS, FAT)のカテゴリーがあります。アルミリムとカーボンリムでの価格は以下の通りです。

  アルミリム カーボンリム
ROAD(リムブレーキ) 145,000円~ 280,000円~
ROAD&CX(ディスクブレーキ) 148,000円~ 280,000円~

MTB
(29", 27.5", 26")

108,000円~ 280,000円~
MTB
(PLUS, FAT)
156,000円~ 335,000円~
前後セット、2018年3月時点の税込価格です。

 

そして、自分だけのホイールをメーカーにオーダーすることもできます!

comp-wheel
2018年現在はMTBに限り、モデルを選び、それに使うハブ・アルミスポークのカラーも選択できます。
このカラーオプションは3パターンでご用意。カラフルにしたり車体カラーに合わせたホイールが出来上がります。
もし今後、ロードバイクでも同様のオプションが登場すると、なお面白そうですね。

 

ハブ単体

手組ホイール用のハブとしてお選びいただいた後、さらにリム・スポーク・ニップルも私たちが一緒にご相談にのり、完成へとご案内いたします。

8Q2A0700
ハブの構造も完組ホイールと違い、汎用性に最も長けたものを採用。
これは車体をアルミからカーボンへ変えるように、組み立てたホイールも将来的にリムをカーボンへグレードアップなどができます。また、スポークなども入手しやすいため、海外からのお持ち込みでも修理が可能です。

用途や予算に合わせて柔軟に対応できるのも手組みを選択する魅力の一つです。

製作は、完組ホイールと同じカテゴリーのものを組み立てられます。
ROAD(リムブレーキ)の場合は、アルミリムで106,300円~、カーボンリムで180,268円~のオーダーができます。
※2018年3月時点の価格です。

 

高いメンテナンス性

8Q2A0863

工具なしで内部の簡易清掃などのメンテナンスを行えるので、がっつり走行する方でもこまめにメンテナンスを行うことができます。
また、細かなところまで交換パーツも充実しているので、消耗した部分を交換していけば長期間使用することが可能です!

 

試乗用ホイール、製作中!

comingsoon

このインダストリーナインの性能を皆さまにご体感いただけるよう、現在ロードバイク用の試乗ホイールを製作しています!
いまお見せできるのは、バルブ穴から見えるこの画像のみ。
完成しましたらこの記事でご紹介いたしますので、楽しみにしていてください!