CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

トレック(TREK)女性に人気のおすすめクロスバイク(レディースモデル)2018年モデル

FX

ご来店いただいた際によく「通常モデルと女性モデルって何が違うんですか?」という質問をいただきます。

確かに、メーカーページをみても女性専用設計とは書いてあっても、具体的にどこが違うのかがわかりづらい…。

そこで、「スポーツバイクのことをまったく知らない女性でもわかりやすく読める」記事目指して、相模大野エリア唯一の女性スタッフ・笹子(ささこ)が、詳しくご説明いたします!

記事は不定期に更新していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

目次

通常モデルと女性モデル、違いは?

サイズが合わないと、なぜダメなの?

女性にオススメのクロスバイクをご紹介!(10/13更新)

女性にオススメ!サイクリングアイテム

 

通常モデルと女性モデル、違いは?

通常モデルと女性モデル、ぱっと見では違いがわかりづらいですが、しっかりと違いがあるんです。
詳しく説明していきましょう。

1.サイズ展開の違い

ここが一番大きなところです。

size

通常モデルは15インチ17.5インチ20インチ22.5インチ4サイズ展開
身長150cm~190cmくらいの方までカバーします。

対して女性モデルは13インチ15インチ17インチ3サイズ展開
身長140cm~170cmくらいの方に適したサイズ。男女兼用モデルにはなかった、140cm台の方からでも乗車できるサイズ展開になっています。

2.フレーム設計

toptube
ピンクが女性モデルです。

そしてフレームも女性専用設計になっており、男女兼用モデルよりもトップチューブのスローピングが深めに設計されいるので、女性でもまたがりやすい仕様になっています。

3.サドル

saddle

男性と女性では骨盤の形に違いがあり、女性のほうが幅広い形状をしています。
そのため、男性向けのサドルでは骨盤がしっかり支えることができずペダルを漕いだときにうまく力を入れられなかったり、お尻の痛みが出ることも。

女性専用設計のサドルは女性の骨盤の幅に合わせた幅広のものを標準搭載しているので、しっかり骨盤が支えられお尻の痛みが出にくくなっています。

4.カラー展開

color

モデルによってカラー展開は異なりますが、FX3(2018年モデル)の場合だと通常モデルは4色展開、女性モデルは通常モデルとは異なった2色展開
カラーリングもパリコレや流行カラーを研究して決定しているので、女性好みのカラーが多いのも特徴です。

 

以上4つが主な違いです。
あくまで女性「向け」設計なので、好みのカラーが通常モデルにある!という場合、サイズが合えば乗車しても問題ありません。
サドルを女性向けのものに変更すればより快適に乗車できるでしょう。その逆ももちろんOKです。

 

サイズが合わないと、なぜダメなの?

スポーツバイクは、適正なサイズに乗ることで快適に乗車することができます。では、サイズが合わないものに乗車したらどうなるのか?
実際に私・笹子がまたがってみました!

今回使用するのはTREK(トレック)の超人気クロスバイクFXシリーズ。一番小さいサイズの13インチから、15インチ17.5インチ20インチ22.5インチまで合計5サイズを用意しました。

IMG_0009

車体のフレームサイズはここに貼ってあるシールで確認できます。

ちなみに私は身長158cm、サドルの高さは一部を除いて62cmで統一しています。
まずは適正なフレームサイズにまたがってみましょう。

 IMG_0582

私の適正サイズは15インチ。横から見たときに、上半身と腕の角度が大体80度くらい、腕もひじが軽く曲げられるくらい余裕がある状態です。
これを踏まえて、サイズの合わない車体に乗車したらどうなるのか?まとめて一気にご覧いただきましょう。

IMG_0580
IMG_0578
IMG_0575
IMG_0576

上から順番に13、17.5、20、22.5インチです。
小さいサイズに乗るとハンドルが体の近くにあり、ペダルをこいだ時にはすこし窮屈に感じます。
逆に大きすぎるとハンドルが遠すぎて腕がピンと伸び、姿勢も上半身が倒れ、前傾気味…。誰が見ても大きそうだな、と感じるくらいになっています。
さらに22.5インチにいたってはサドル高が写真以上に下げられず、ペダルが6時の位置に来たときにつま先立ちの状態になってしまいます…。
こうして画像を見比べると、適正サイズをお選びいただくことがいかに大切か、よくお判りいただけると思います。

 

女性におすすめのクロスバイクをご紹介!

IMG_0193

FX 2 Women's

街乗りからちょっとしたサイクリングまで様々な用途で使用したい方にオススメです。
重量を軽く、そしてコストも抑えるため、フレームとフロントフォークにはアルミを採用しています。
ギアは前3段×後8段を搭載しているので、平地はもちろん坂道もスイスイ走行できます!

FX2

カラーはソリッドチャコール、ホワイトの2色。
チャコールは差し色に淡いミントグリーンが入っており、ダークトーンの車体でも可愛らしい印象。
ホワイトはレッドとグレーの差し色が格好いい印象を与えるカラーリングになっています。

車体の詳細はこちらよりご覧ください。

IMG_0214

FX 3 Women's

街中も長距離も、どちらもより快適に走りたい方にオススメです!
フロントフォークやグリップは腕や手首が疲れづらいよう衝撃吸収に優れた素材を使用し、形状も考えられて作られているので、FX2以上の快適さがあります。
さらに重量も700gほど軽いので、平地も坂道もより少ない力で走行できます。

FX3

カラーはマットトレックブラックとカリフォルニアスカイブルーの2色。
ブラックは差し色にレッドとパールホワイトがはいっているので、格好よさがありつつも明るい印象になっています。
スカイブルーは名前の通り、まさに空色!なカラーで、可愛らしいカラーです。

車体の詳細はこちらよりご覧ください。

 

女性におすすめ!サイクリングアイテム

これからスポーツバイクをはじめる方はもちろん、乗りなれてきた方にもオススメのアイテムをご紹介します!

1.サドルカバー&インナーパンツ

IMG_0156

スポーツバイク乗車後、ご相談いただくことの多いお尻の痛み。
そんな方にオススメなのが、サドルカバーとインナーパンツです!
サドルカバーの下にはクッションが入っており、圧迫と振動によるお尻の痛みを軽減してくれます。
クッションはゲル状でへたりづらく、お値段も高いものでも3000円程とリーズナブル。お手軽に試したい、という方にオススメです!

IMG_0157

スポーツバイクのスマートな見た目を崩したくない方や、長距離乗車される方であればインナーパンツがオススメ。
パンツにクッションが縫い付けられており、お尻にフィットするように成型されているのでサドルに座ったときにクッションがずれたりせず、長距離も快適に乗車できます!

2.アームカバー

IMG_0160

普段のお買い物はもちろん、サイクリング時に避けて通れない紫外線。
そんな紫外線から腕を守ってくれるのがアームカバー!
さらりとした生地と腕の内側のメッシュ生地が汗の排出を助けつつも、しっかりとUVカットもしてくれる優れもの。
寒暖差の大きい今の時季には防寒対策としてもオススメです!

3.ネックカバー

IMG_0159

こちらもUVケアアイテム!首元は地面から高い位置にあり、頭の次に強く紫外線を受ける部分なのでしっかりとUVケアをしましょう!
顔も覆えるくらい長めに作られているので、日焼け止め・お化粧落ちが気になったら顔も隠せる上に、防寒対策としても使えるアイテムです!

4.前カゴ&ハンドルバーバッグ

20160612-IMG_3727

通勤・通学や日々のお買い物で荷物が多い方には前カゴがあると便利!
特にRIXEN&KAUL(リクセン&カウル)の前カゴはワンタッチで着脱できるので、必要ない日は取り外すことができます!

IMG_0162

サイクリング中にスマートフォンやお財布など、貴重品やちょっとしたものを入れたい・・・という方にはハンドルバーバッグがオススメ!
こちらも前カゴ同様着脱が簡単にできるので、サイクリング先で持ち歩きができます。
ショルダーベルトつきのタイプを選べばより持ち運びが楽になります!

関連記事