CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

Precision Fit(プレシジョンフィット)TREK(トレック)Checkpoint(チェックポイント)のジオメトリーについて

NEWラインアップ 遊べるバイクCheckpoint

先日、発表されたCheckpointは今までのトレックラインアップにはなかった、まったく新しいグラベルロードバイク(荒地も走れるロードバイク)です。今回はフィッティングの観点からこのバイクの「ジオメトリー」などをチェックしてみます。

SN_Checkpoint_Cali_137_edit

ジオメトリーから見る特徴

CheckpointSL5_22632_A_Primary

バイクを見ると、一般的なロードバイクと特別変わったことのないように感じますが、ジオメトリー表を確認してみます。

Checkpoint_Gepmetry

上記を踏まえて、TREKの中ではオーソドックスなバイクであるEmondaシリーズとの大きな違いを比較してみます。(比較はEmonda H2 fit、フレームサイズ52cmとおこないます。)

比較まとめ

●ヘッドチューブ長が短い

●ヘッドアングルが浅い

●ボトムブラケット下がりが大きい

以上の違いから、Emondaと比べて、「ヘッドチューブが短く、よりアグレッシブなポジションがとりやすい」「ボトムブラケット下がりが大きく、ライダーの重心が下がるため、長距離ライドの安定性も高くなる」といったことが挙げられます。

Checkpointは長距離や未舗装路での安定性とスピードを求めるためのアグレッシブさを両立したバイクであることが分かります。

好みに合わせたジオメトリー変更も可能

さらに大きな特徴としては、Stranglehold調整式ドロップアウトを利用して、チェーンステイ長を変更できる点。前方にセットすれば素早い加速性と登坂性能があがり、後方にセットすることで安定性をさらに高めることができます。

CheckpointSL6_22634_A_Alt5_mr
写真部分を調整することでチェーンステイ長を変更することが可能です。

ジオメトリー以外でもたくさんの特徴のある多様性に富んだグラベルロードバイクCheckpoint。気になるかたは下記ブログもチェックしてみてください。

Checkpoint(チェックポイント)について

プレシジョンフィットについてはこちらから