CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

Precision Fit(プレシジョンフィット)DHバー選びには何が重要?

いままでのブログの中でもロードバイクに装着されている「ドロップハンドル」については何度かご紹介してきましたが、今回はハンドルの中でも「DHバー」と呼ばれるものについてお話しします。

DHバーとは?

ロードバイクについているドロップハンドルの中央あたりから角のように2本飛び出している棒状のハンドルのことを指します。棒状のハンドルの他に、肘が置けるアームパッドも付属してくるのでアームパッドに肘を置いて、棒状のハンドルを握って乗車するポジションをとることができます。トライアスロンのレースシーンで見かけることが多いアイテムでもあります。

DSC_5169
真上から見てみると、本当に角のように見えますね。

DHバーがついているとどんなメリットがあるのか?

1.空気抵抗の軽減

通常時よりも深い前傾ポジションが作り出せるので空気抵抗を大幅に軽減することができます。平坦な道ではDHバーがついているのといないのとでは平均時速も大きく変わってくるほど恩恵が得られます。

2.色々なポジションがとれるようになる

普段のロードバイクではシチュエーションにあわせてレバー部分、上ハンドル、下ハンドルの3ポジションがとれるようになっています。そこにDHバーが加わることにより、より多くのポジションがとれるようになります。

3.筋肉疲労などが軽減できる

2で説明した通り、いろいろなポジションがとれます。ポジションごとに使用する筋肉が変わってくるので、総じて同じ個所にたくさんの疲労を蓄積させずにすみます。

もちろんいいことばかりではなく取り付けることにより、「重くなる」、「ハンドルの取り回しが若干しにくくなる」、「とっさのブレーキがかけにくい」などのデメリットもありますが、それらを考慮しても平地をメインで走る方やロングライド志向の方には取り付ける価値は十分にあるパーツです。

WATSON_00004606-068_edit
直線平地主体のレースやタイムトライアルではDHバーを握るポジションでの走行がメインとなることが多いです。

おすすめのDHバーは?

DHバーは色々なメーカーから、たくさんのモデルがリリースされています。価格や見た目で選ぶ。というかたもいるとは思いますが、ドロップハンドルと同様に自分の柔軟性や使用シチュエーションを加味することでぴったりなDHバーを選択することができます。ではどんな所をポイントにDHバーを選ぶべきか?次回から説明していきたいと思います。

DSC_5165

プレシジョンフィットはこちら