CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

Precision Fit(プレシジョンフィット)始めての1台にフィッティングは必要か?

皆さまは、フィッティングという言葉を聞くと、「ある程度乗りなれている人が受けるサービス」「ロードバイクに乗っている人以外は関係がないもの」という印象がありませんか?
プレシジョンフィットでは、「より快適に、体に違和感や不快感を感じないようにサイクリングを楽しむ」ことができるようにポジションの見直しをはかります。ロードバイク初心者の人はもちろんのこと、クロスバイクやMTBにお乗りの方にも大変有効なサービスです。

なぜはじめての人にも有効なのか?

20170601_PM_Life_FX_Chicago_0719_MK

スポーツバイクに乗るとママチャリの時と違い、おしりが痛くなったり、腰や背中、膝に違和感や不快感、痛みがでてくる。というお悩みを聞きます。多くの場合は筋肉痛が原因であったり、サドルの座面の薄さなどが原因であることが多く、一ヶ月ほど経つとそのような悩みが解消されていきます。

しばらく経っても改善が見られない、より痛みや不快感が増してきてしまう場合、それは間違ったポジションで乗車されているためです。このようなことを未然に防ぐため、購入と同時にフィッティングを受けることが有効になります。

プレシジョンフィットの特徴

ポイントとなる点は「ひとりひとりの柔軟性と身体特徴を計測する」ことです。同じ身長、股下の方でも、柔軟性が異なれば、完成するポジションはまったく違うものになります。それだけこのパートは重要です。ここで得たデータをもとに、より快適に、不安を解消できるポジションに調整をします。ですから、完成したポジションはひとりひとりに本当にぴったりなポジションとなるのです。

どんな自転車でも調整可能

20170503_PM_Life_FX_Chicago_0079_MK

プレシジョンフィットはロードバイクだけではなく、クロスバイクやマウンテンバイク(MTB)まで対応が可能です。また、これから購入を考えている方が受けていただくことで最適な自転車サイズが分かります。購入前に受けていただければ、納車時にベストな状態でのお渡しが可能です。

 

これからスポーツバイクをはじめようとお考えの方、乗車時に痛みや違和感がある方、プレシジョンフィットを受けていただくことをおすすめします。

Precision Fitについてはこちらから