CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

2018 GIANT Idiom(ジャイアント イディオム) 0/1/2の特徴・評判

GIANT 2018 IDIOM 0 ジャイアント イディオム ゼロ 全体写真

2018年に初のフルモデルチェンジしたIdiom(イディオム)
空力性能の高いフレームや安定感など小径車以上の性能を持ち合わせた、まさに「小径ロードバイク」と呼ばれるこの車体の特徴・スペックなど、様々な情報をご紹介します。
さらに、相模大野店スタッフが各モデルの試乗レビューも随時掲載いたします!

 

イディオムの特徴

【フレーム】ロードバイクらしさにこだわったフレーム設計

GIANT 2018 IDIOM 0 ジャイアント イディオム ゼロ フレーム ALUXX

フレーム素材は昨年度までALUXXアルミニウムを使用していましたが、今年度はALUXX-SLへグレードアップ!
100gの軽量化に成功し、剛性もあがりました。
形状も安定性をより高めているホイールベースはそのままに、空力抵抗を抑えるエアロ形状を採用。さらなる「ロードバイクに近い乗り味」を実現しました。

ケーブルの配線が内装式に変更

フレーム内部を通ることでワイヤーの引く量を減らし、これまでより軽い力でブレーキ・変速の操作ができます。また、フレームでケーブルが保護されることで劣化を遅らせ、ケーブルの寿命を延ばすことができます。

折りたたみステムで収納・運搬に優れている

8Q2A9873

イディオムのハンドル部は折りたたむことができ、さらにコンパクトになります。
0は六角レンチを用いて取り外し、1&2は「折りたたみステム 」機構がついており、工具なしで折り畳み可能です。

 

【フロントフォーク&シートピラー】特性により使用素材を変更

stem seat

車体特性により、カーボンもしくはアルミ素材のものがアッセンブルされます。
アルミは軽さを保ちつつコストを抑えます。
カーボンは軽さに加え振動の吸収性に優れているのでより快適に、走行距離を伸ばしたい方におすすめです。

 

【ホイール】リムハイトの高い20インチホイール

リムハイト

小径車で一般的な20インチホイールを搭載。
スポークの短い小径車ならではの高い剛性が力をしっかりと受け止め、ロードバイク並みの加速感を生みだします。
リムハイトはモデルにより異なり、0はより高速巡行に適した48㎜ハイトを、1、2は30㎜ハイトのリムを搭載しています。

安定性と加速性のバランスがとれた28㎜幅タイヤ

細すぎず、太すぎずの28㎜幅(28c)のタイヤを初期装備しています。
スポーツバイク特有の細めのタイヤは地面との接地抵抗を減らし、スピードが出しやすくなります。
また、幅が細すぎないので安定感もあります。

 

【サドル】軽量でスマートなスポーツサドル

saddle

車体の軽さを活かす、軽量スポーツサドルを搭載。
クッション性にも優れており、長距離ライドでもお尻が痛くなりにくいです。

 

イディオム各モデル紹介

Idiom 2

8Q2A9847

8Q2A9864

8Q2A9854

■リア8段変速
■アルミ製フォーク&シートピラー
■ハンドル折り畳み可
■カラー:2色 レッド、マットブラック

価格:68,040円(8%税込)

 

Idiom 1

8Q2A9824

8Q2A9832

8Q2A9834

■シマノ SORA(ソラ)搭載 フロント2段×リア9段 計18変速
■アルミ製フォーク&シートピラー
■ハンドル折り畳み可
■カラー:2色 マットブルー、パールホワイト

価格:81,000円(8%税込)

 

Idiom 0

8Q2A9752

GIANT 2018 IDIOM 0 ジャイアント イディオム ゼロ ホイール

GIANT 2018 IDIOM 0 ジャイアント イディオム ゼロ TIAGRA ティアグラ

■シマノ Tiagra(ティアグラ)搭載 フロント2段×リア10段 計20変速
■カーボン製フォーク&シートピラー
■カラー:1色 シルバー

価格:135,000円(8%税込)

 

イディオム各モデル、展示中!

イディオム各モデルは入荷しており、展示を行っています!
もちろん試乗OK乗り比べも可能ですのでご興味のある方はちばサイクル 相模大野店までお越しください。

試乗プログラムについてはこちら

ちばサイクル相模大野店の詳細はこちら

 

2017年モデル GIANT  IDIOM 0 / 1 / 2のレビュー・インプレ・スペック・重量・価格を掲載

ジャイアント イディオム 製品レビュー

タイヤ径の小さいスポーツサイクル(「ミニベロ」と呼びます)は「街中でベストマッチ」「コンパクトで持ち運びしやすい」「走りに小回りがきく」などの点で幅広い支持を得ている反面、「安定感がない」「スピードが出ない」「スポーツ車とはいえない」などのネガティブな意見があるのも事実です。
さて、今回紹介するIDIOM(イディオム)は、これらマイナス要素を高いレベルでクリアした「納得のミニベロ」といえるでしょう。

安定感があります。

idiom02

一般的にタイヤ径が小さくなるほど走行時の安定感がなくなります。このマイナス要素を「ホイールベース(写真の赤矢印の部分)」を長くとることにより解消しています(同社ロードレーサーのホイールベースは一般的に1000ミリ以下で設定されているのに対し、イディオムは1025ミリ)。

十分なスピードが出ます。

ジャイアント イディオム 試乗

タイヤ径が小さいと「ひとこぎで進む距離」が短いのはしかたがないこと。タイヤ径20インチを採用しているイディオムはクロスバイク(約27.5インチ)に比べると、同じギア比で70%程度しか進みません。しかしイディオムは、クロスバイクのクランクの最大歯数(48)に比べて10%以上早く走れるギア(53)を使用することで、クロスバイクの80%を超えるギア比までカバーしています。これはサイクリングレベルで「十分満足できる設定」といえるでしょう。

スポーツ車として納得のスペック。

ジャイアント イディオム 背景像 紅葉

カタログでも「小径ロードバイク」として紹介されているとおり、ロードバイクにも採用される軽量アルミフレームをベースに仕上がっています。また、ロードバイクの主流となりつつある25ミリ幅のタイヤを採用、走りの軽さと振動吸収性のバランスがとてもよい仕上がりになっています。

収納に優れています。

idiom06

写真時の寸法:幅153×高さ80×奥行27cm

タイヤ径が小さいだけでも収納に便利ですが、さらに「折りたたみステム」がついているので、かなりコンパクトにたたむことが可能です。車への収納も余裕です。

実際に走ってみた

idiom07

イディオムに乗って、自宅から6kmはなれた公園との往復を走ってみました。
今まで持っていた小径車に比べて、「よく進む!!」というのが第一印象でした。

停止状態やコーナリング後からの加速がとても速いし、そのあとの速度の維持もしやすいため、小径車であることを忘れるぐらいの走りを体験できました。

また幅の狭い道を走るときは、ミニベロの小回りの良さで速度を落とさずスイスイと抜けられました。

idiom09

ミニベロでも速く走れるかな?ということで、30km/hで走行してみましたが、安定感に対する不安はまったくありませんでした。

今回のサイクリングでは、イディオムに乗ると、こんなにも楽しいのか!と実感できました。

img_0215

あえて気になる点をあげるなら、地面から伝わる振動です。そんなときは、上の写真のような「パッド入りサドルカバー」の使用で解消できそうです。

ちばサイクル視点で最強のミニベロ「イディオム」。