CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

新型(NEW)2018 / 2019 TREK(トレック)のロードバイクEmonda(エモンダ) ALR/SL/SLR とDiscモデルの特徴・評判

トレック エモンダ 2018_2019最新モデル情報

「Emonda」(アルミ/カーボン)の評判、新モデルのスペック・価格を一挙掲載!

この記事では 「TREK(トレック)」のロードバイク「Emonda(ALR4 / ALR5 / ALR5women's / SL5 / SL6 / SLR)」およびDisc(ディスク)モデルの2018年・2019年モデル情報を掲載いたします。変更点・価格・重量・スペック・カラー・フレームセット・インプレッション・Project one(プロジェクトワン / オーダーメイド)を公開!新製品フルモデルチェンジしたALRシリーズはアルミフレームとは思えない完成度の高さを誇り一見の価値あり!アップデートは情報が公開されしだい更新をおこないますので、エモンダシリーズのご購入をお考えの方はページのブックマークをお願いします!

 

■目次

・フルモデルチェンジした「Emonda ALR」2019年モデル

・2019年のエモンダSL5 / SL5women's  /  SL6  /  SL6Disc / SL6Pro

・2019年のエモンダSLRシリーズ

Emonda 2018年モデル情報

フルモデルチェンジした2019年のEmondaALR(エモンダALR)

Trek_Emonda_ALR_30

Emonda ALRシリーズがフルモデルチェンジしました!(2018年7月21日)全く新しいフレーム設計、しかもディスク仕様まで登場!!
この章では2019年モデルEmonda(エモンダ)ALR4 / ALR5 / ALR5 Disc / ALR Disc Women'sを紹介いたします。

2019年モデルEmondaALRの特徴

1. ディスクブレーキ仕様が登場!

 ディスクブレーキは、ロードバイクの分野でも本流となっていきそうです。新型Emonda ALRにおいてもそれは例外ではありません。ディスクブレーキオプションの追加により、雨天など悪条件下でも制動力を落とすことがないし、(かるいタッチで確実にブレーキがきくので)長い下り坂やロングライドでも腕への疲労がかなり軽減されます。リムブレーキでホイール外周がこすれることがないので、ホイール全体をブラックで統一!かなりかっこいいです。

 

2. まるでカーボンバイク

 溶接を美しく仕上げるインビジブルウェルドテクノロジー&ハイドロフォーミング技術により、カーボンバイクと見分けることが困難なほど美しいシェイプになりました。ケーブルも内装化されました。 

Trek_Emonda_ALR_33

 

3. ライドクオリティーもカーボンバイク並み!

 最高峰のアルファ300アルミニウムシリーズは、必要な強度を保ちながら最高の軽量性と乗り心地を提供してくれるトレック史上最高のアルミ素材。フォークはカーボン製ですので路面の振動をしっかり吸収してくれます。 

Trek_Emonda_ALR_15

 

4. シマノ新型105コンポーネント

 EmondaALR5シリーズは、2019年モデルよりすべて最新のシマノR7000系105コンポーネントで統一.。ブレーキもダイレクトマウントです。

 r7000blackgroupzzzzzzzzzzlimg1

※新型105情報ページはこちらをクリック

 

 

 エモンダALRシリーズ紹介動画

 

 

補足:新型EmondaALRシリーズはすべてH2フィット仕様、タイヤ幅は25C(装着できる最大推奨サイズも25C)です。

 

2019年モデル Emonda(エモンダ)ALR4 (税込み145,800円)

フレームサイズ展開: 47, 50, 52, 54, 56, 58 重量:9.09kg(56cm)

EmondaALR4_19_23656_B_Primary EmondaALR4_19_23656_A_Primary

2019年モデル Emonda(エモンダ)ALR5(税込185,760円)

フレームサイズ展開: 47, 50, 52, 54, 56, 58, 60  重量:8.75kg(56cm)

EmondaALR5_19_24164_A_Primary EmondaALR5_19_24164_B_Primary

2019年モデル Emonda(エモンダ)ALR5 Disc(税込214,920円)

フレームサイズ展開: 47, 50, 52, 54, 56, 58 重量:8.86kg(56cm)

EmondaALR5Disc_19_24166_A_Primary

2019年モデル Emonda(エモンダ)ALR5 Disc Women's(税込214,920円)

フレームサイズ展開: 47, 50, 52, 54 重量:8.96kg(54cm)

EmondaALR5DiscWSD_19_24226_A_Primary

 

関連リンク:エモンダALR4 / ALR5 / ALR5Disc / ALR5Disc women'sの違いを分析

 

 

2019年のEmondaSL(エモンダSL)シリーズ

2019年モデルから、新しくディスブレーキ仕様が登場!さらにはシマノ105のモデルチェンジにより、SL5シリーズはパーツが一新されました。

※新型105情報ページはこちらをクリック

2019年モデル Emonda(エモンダ)SL5 (税込240,840円)

フレームサイズ展開:44, 47, 50, 52, 54, 56, 58, 60  重量:8.68kg(56cm)

EmondaSL5_19_24219_A_Primary EmondaSL5_19_24219_B_Primary

2019年モデル Emonda(エモンダ)SL5 Women's(税込240,840円)

フレームサイズ展開: 44, 47, 50, 52, 54  重量:8.59(54cm)

EmondaSL5WSD_19_24222_A_Primary

2019年モデル Emonda(エモンダ)SL6(税込336,960円)

フレームサイズ展開: 44, 47, 50, 52, 54, 56, 58  重量:7.53kg(56cm)

EmondaSL6_19_24012_B_Primary EmondaSL6_19_24012_A_Primary

2019年モデル Emonda(エモンダ)SL6 Disc(税込380,160円)

フレームサイズ展開: 50, 52, 54, 56, 58, 60, 62  重量:8.1kg(56cm)

EmondaSL6Disc_19_22109_B_Primary

2019年モデル Emonda(エモンダ)SL6 PRO(税込450,360円)

フレームサイズ展開: 47, 50, 52, 54, 56, 58  重量:7.3kg(56cm)

EmondaSL6Pro_19_24013_A_Primary

 

2019年のEmondaSLR(エモンダSLR)シリーズ

2018年にフルモデルチェンジをはたしたEmondaSLRシリーズは仕様変更なしですが、Project One(プロジェクトワン / オーダーメイド)が大幅にパワーアップ!詳しくは以下のリンクをご利用ください。

Project one(プロジェクトワン)のページはこちら

 

2018年のEmondaラインナップと特徴

フレームはアルミ1種類/カーボン2種類の計3グレードが登場!

エモンダはエントリーからハイエンドまで対応する幅広いラインナップが用意されていましたが、これは2018年も同じ方針です。

しかし、2017モデルにあった「Emonda S」シリーズは今年ラインナップされていません。その理由などもご説明していきたいと思います。

■Emonda ALR(超軽量アルミ/Alpha Aluminum 300)
エモンダ2018年モデル画像

トレックが他社の軽量アルミロードに対抗するため、新たに投入した新型アルミパイプと溶接技術(アルファアルミニウム300グレード)により、フルカーボンフレームに迫る軽さを実現。

さらに、一部のモデル(ALR5/ALR6)には、Emonda上位グレードで使用するフロントフォークを採用し、これまでのアルミロードには無かった「快適さ」を獲得。

■Emonda SL(軽量フルカーボン/OCLV500)

エモンダ2018年モデル画像

トレックのハイエンドモデルに用いられるテクノロジー(BB90/シートマストチューンライド/E2ヘッドパーツ)に加え、軽さと剛性バランスの取れた「OCLV500カーボン」を使用したコストパフォーマンスモデル

■変更点
・販売価格が大幅に下がり、より手に入りやすい価格へ(Emonda SL5:230,040円(税込))
・ダイレクトマウントブレーキ採用でストッピングパワーの向上
新型アルテグラボントレガー新型ホイール搭載のモデル(Emonda SL6&EmondaSL6 Pro)

特筆すべきは価格についてです。TREKの高いテクノロジーを用いたフレームが、今年のEmonda S並みの価格となり競合するためEmonda Sはリリースがなかったと思われます。

参考リンク:Emonda SL5レビュー(2017との変更点・特徴紹介)

■Emonda SLR(超軽量フルカーボン/OCLV700)

エモンダ2018年モデル画像

トレックのフラグシップ(最上位)モデルの一つ。カスタム次第では4kg台の車体重量となるくらい軽量でありながら、一流プロ選手の脚力にも対応できる高い剛性、そして快適性を兼ね備える。

■変更点
・フレーム重量は前モデルの690グラム→640グラム
・ディスクブレーキに対応したフレームが登場
・剛性はUPしながらも、快適性につながる「バーティカルコンプライアンス(縦方向の衝撃吸収性)」の向上

Emonda SLRはモデルコンセプトとなる「世界最軽量」を突き詰めた変更点が最大のポイントです。また、レース機材としての基本性能となるフレーム剛性は「BB」「ヘッドパーツ」などをメインに、全体的にUPさせているようです。

剛性だけが高くなると、乗り心地に影響するという不安もあると思いますが、バーティカルコンプライアンスも高めているため、シートやハンドルへの衝撃はカーボンの「しなり」によって吸収され、快適性を維持しています。

2018年モデル「Emonda ALR」の評判・特徴・価格まとめ

エモンダ2018年モデル画像

超軽量級フレームなのに「乗り心地の良さ」を両立

エモンダALRの最大の特徴は、一部のカーボンフレーム製ロードバイクを超える軽量フレームであることです。エモンダALR5は実測重量が8.3kg程度に仕上がっていて、カスタムすれば6.4kgという驚きの軽さを実現するほどのポテンシャルを備えています。

■「ALPHA ALUMINIUM300」が軽量である秘密

エモンダALRの軽さを実現するにはフレーム素材や形状にこだわる必要がありました。そこでトレックは、アルミパイプに複雑な加工を施す「ハイドロフォーミング」工法を採用し、軽量化を果たしました。

更に、乗り心地に影響する溶接部分は「インヴィジブル・ウェルド」と名付けた溶接技術を用いることで、継ぎ目のないシャープなルックスと、アルミフレームとは思えない快適性を両立しました。

 

Emonda(エモンダ) ALR4 価格:139,320円(8%税込)

ALRのベーシックモデル。リア10速&フロント2速ギアの「シマノ TIAGRA」搭載モデル。超軽量の「ALPHA ALUMINUM 300」シリーズを採用しながら、価格は13万円台とコストパフォーマンス抜群の一台です。

■車体画像(2色展開)

Emonda(エモンダ) ALR4  2018年モデル

Emonda(エモンダ) ALR4 2018年モデル

カラー:カリフォルニアスカイブルー

Emonda(エモンダ) ALR4  2018年モデル

Emonda(エモンダ) ALR4 2018年モデル

カラー:ソリッドチャコール

 

Emonda(エモンダ) ALR5 価格:179,280円(8%税込)

ALRの代表モデル。ALR4からアップグレードしたコンポーネント/フロントフォークは、走行性能を大幅UP。上級者の走りを支えるような一台となっており、ステップアップを目指すライダーにもぴったりな1台。

■トピックス

★価格:前年から約1万円プライスダウン
★カラーリング:2色のカラーリングから選択可能
★フォーク:超軽量フルカーボンフォーク(Emonda ALR4からの変更点)
★パーツ:前年と大きな変更なし(シマノ105/11速)

■車体画像(2色展開)

Emonda(エモンダ) ALR5  2018年モデル

Emonda(エモンダ) ALR5 2018年モデル

カラー:マットメタリックチャコール

Emonda(エモンダ) ALR5  2018年モデル

Emonda(エモンダ) ALR5 2018年モデル

カラー:ヴァイパーレッド

関連リンク:エモンダALRフレーム販売のお知らせ

 

ロードバイク「Emonda SL」の評判・特徴・価格まとめ

20170628-IMG_8648

トップグレードにも匹敵する高い技術を用いた完成車が20万円前半から手に入る

Emonda SLは、本格的なレーサーからサイクリストまでをカバーする高い性能を扱いやすさを両立する車体です。フレームの形状は最上位モデル「Emonda SLR」と同じものになっており、車体性能を支えるメーカー独自の技術もふんだんに採用されています。

■TREK独自の各種テクノロジー(おもだったもの)

BB90…クランクに伝わるパワーを余すことなく路面に伝えるため、フレームに直接ベアリングを圧入
ライドチューンシートマスト…カーボンフレーム本来の「しなり」を最大限いかすため、シートポスト部分に独自の形状を採用。
E2ヘッドチューブ…軽やかなハンドリングとブレーキ時の安定した挙動を生み出すための形状

 

Emonda(エモンダ) SL5 価格:230,040円(8%税込)

今年の注目モデル。本格派サイクリストにも支持されるフレーム&コンポーネントとしながらも、価格は25万円以下と、コストパフォーマンスはTREK史上最高クラスの完成車。

■トピックス

★価格:前年から約7万円プライスダウン
★カラーリング:2色のカラーリングから選択可能

Emonda(エモンダ) SL5  2018年モデル

Emonda(エモンダ) SL5 2018年モデル

カラ―:マットブラック

Emonda(エモンダ) SL5  2018年モデル

Emonda(エモンダ) SL5 2018年モデル

カラー:マットディープブルー

参考リンク:Emonda SL5レビュー(2017との変更点・特徴紹介)

 

■実走インプレを追記しました!(2017年12月)

emonda_sl5_banner

湘南藤沢店スタッフ・古舘(ふるだて)がエモンダSL5に乗って約100kmのテストコースをサイクリング!実際に乗ってみた印象をまとめた記事をUPしました!

より詳しくエモンダSL5を知りたいかたは必見の記事です!

記事URL:http://www.chibacycle.com/blog/index.php?category=ride-review&store=fujisawa&p=9210

 

Emonda(エモンダ) SL5 WSD 価格:230,040円(8%税込)

Emonda SL5の女性モデル。サイズ44cmは、小柄な体型(身長150cm前半)にも対応します。

Emonda(エモンダ) SL5 WSD 2018年モデル

Emonda(エモンダ) SL5 WSD 2018年モデル

カラー:トレックホワイト

関連リンク:Emonda SL5レビュー(2017との変更点・特徴紹介)

関連リンク:エモンダSLフレーム販売のお知らせ

Emonda(エモンダ) SL6 価格:320,760円(8%税込)

Emonda SL5の基本性能をUPさせた車体。より高いパフォーマンスを求めるかたにおすすめ。「R8000シリーズ」の新型アルテグラをフル搭載。

■トピックス

★価格:前年から約2万円プライスダウン
★カラーリング:2色のカラーリングから選択可能
フォーク:超軽量フルカーボンフォークを採用(Emonda SL5との変更点)
パーツ:新型アルテグラ(R8000)シリーズを採用

Emonda(エモンダ) SL6 2018年モデル

Emonda(エモンダ) SL6 2018年モデル(実物はシートマストとステムがブラックです)

カラー:ヴァイパーレッド

Emonda(エモンダ) SL6 2018年モデル

Emonda(エモンダ) SL6 2018年モデル

カラー:マットメタリックガンメタル(実物はシートマストとステムがブラックです)

関連リンク:エモンダSL6 / SL6Pro 徹底分析

関連リンク:エモンダSLフレーム販売のお知らせ

Emonda(エモンダ) SL6 Pro 価格:450,360円(8%税込)

Bontrager(ボントレガー)のエアロホイール「Aeolus(アイオロス)」を装着したハイパフォーマンスモデル。走行性能を大幅に引き上げたモデル。

■トピックス

★新登場:最新ホイール&最新コンポを搭載

Emonda(エモンダ) SL6 PRO 2018年モデル

Emonda(エモンダ) SL6 PRO 2018年モデル

カラー:マットメタリックガンメタル(実物はシートマストとステムがブラックです)

関連リンク:エモンダSL6 / SL6Pro 徹底分析

関連リンク:エモンダSLフレーム販売のお知らせ

Emonda(エモンダ) SL7 価格:520,560円(8%税込)

Emonda SLシリーズのなかで最上位にあたるモデル。電動コンポーネント「SHIMANO Di2」の新型アルテグラモデルを搭載。

Emonda(エモンダ) SL7 2018年モデル

Emonda(エモンダ) SL7 2018年モデル

カラー:ディニスターブラック

関連リンク:エモンダSLフレーム販売のお知らせ

エモンダSL動画

ロードバイク「Emonda SLR」の評判・特徴・価格まとめ

fileforward

エモンダSLRは、最高級のカーボンテクスチャを最高の技術で成形した「世界最高クラス」のロードバイクです。プロチーム「TREK Segafredo」に所属する選手たちがテストライダーとなり、様々な改良が施されて登場しました。

2018年は、フルモデルチェンジとなり、軽さと剛性を追求。乗車したライダーを一分、一秒早くゴールに届けるための乗り物になっています。

新たに世界的に注目されている「ディスクブレーキ」タイプのフレームを投入したことも特徴の一つ。広いタイヤクリアランスを確保し、安定したブレーキ性能はサイクリスト/レーサーどちらにも支持されると思います。

※Emonda SLRシリーズはご紹介する完成車モデルに加え、オーダープログラム「Project One(プロジェクトワン)」も利用可能です。

今回のEmonda(エモンダ)Domane(ドマーネ)Madone(マドン)2018年モデル発表に伴い、新しいプロジェクトワンが発表となりました。

プロジェクトワンのページはこちら

エモンダSLRをインプレッションしました!(10月24日更新)

IMG_4555 (1)

当店スタッフが、エモンダSLRの実力をテストしました!2017モデルと乗り比べた印象や新モデルの魅力ポイントをインプレッションしています。あわせてご覧ください!

2018 TREK Emonda SLR(トレック エモンダSLR)インプレッション

Emonda(エモンダ) SLR6 価格:590,760円(8%税込)

高パフォーマンスのSLRフレームに、バランスの取れた新型アルテグラ(R8000)を搭載した完成車。ベース車両のままorパーツカスタムをしてより高いパフォーマンスにすることもできる一台。

Emonda(エモンダ) SLR6 2018年モデル

Emonda(エモンダ) SLR6 2018年モデル

カラー:ヴァイパーレッド

Emonda(エモンダ) SLR6 2018年モデル

Emonda(エモンダ) SLR6 2018年モデル

カラー:マットアントラシート

Emonda(エモンダ) SLR8 価格:860,760円(8%税込)

「エモンダSLRフレーム」+「アイオロス プロ3ホイール」+「デュラエース(R9100)」を組み合わせたハイパフォーマンスモデル。レースはもちろん、ロングライドや快適なサイクリングにも対応。

Emonda(エモンダ) SLR8 2018年モデル

Emonda(エモンダ) SLR8 2018年モデル

カラー:セミグロスブラック

Emonda(エモンダ) SLR9 価格:1,199,880円(8%税込)

最高のフレームに最高のパーツをアッセンブル。アイオロスD3 3ホイール+デュラエース(R9100)の組み合わせにより、ヒルクライムレース/ロードレースの決戦機材として即投入可能。

Emonda(エモンダ) SLR9 2018年モデル

Emonda(エモンダ) SLR9 2018年モデル

カラー:トレックブラック

エモンダSLR動画

エモンダSLR DISC動画

エモンダとコンタドール

 

参考リンク:スポーツサイクル購入時の必須アイテムは? そして予算は?

参考リンク:TREK (トレック) 最軽量フレーム EMONDA (エモンダ) SLRがすごい!