CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

メンテナンス

カーボンフレーム検査 / 修理(補強・補修)

ロードバイク・MTB(マウンテンバイク)・クロスバイクの「転倒」「事故」「オーバートルク」などによるカーボンフレーム・カーボンフォーク・カーボンパーツ破損・剥離の疑いがある場合、その検査および修理(補強・補修)を承ります。修理はカーボン内視鏡検査(もしくはカーボン超音波検査)をちばサイクルにて受けていただいている場合に限り承ります。あらかじめご了承ください。

 

カーボン損傷が気になったら・・・

 カーボンファイバーに損傷を与えるシナリオはさまざまです。例えば・・・
 
• 走行中に、縁石・ガードレール・停車中の自動車、あるいはバイクを急停止させるような物にぶつけた
• 前輪に何かが挟まり、バイクが急停車した。
• 自動車などに衝突された。
• 転倒した。
などなど・・・
 
実際のシーンとは多少異なれど、これに似たような状況を経験したら、まずはちばサイクルにご相談ください。オーナーさまのご意見を尊重しつつ的確なアドバイスをさせていただきます。
 
 

目次:

カーボンたたき検査

カーボン内視鏡検査

カーボン超音波検査

カーボン修理(補修・補強)

カーボン修理行程ご紹介

 

 

カーボンたたき検査

カーボンフレームのクラック/剥離の有無を確認する基本検査です。

フレームや塗装面に傷をつけない「専用たたき具」にてフレームをたたき、その反響音により検知することがある程度可能です。

_MG_2653

カーボンたたき検査:料金

無料

※フレームからすべてのパーツをはずした状態でのみ承ります。
パーツの分解および組立は別途料金がかかりますので、オーバーホール時にご利用いただくとお得です。

オーバーホールはこちらのリンクをご覧ください。

 

 

 

カーボン内視鏡検査

内視鏡によるフレーム内部撮影

カーボンフレーム・カーボンフォーク・カーボンパーツ内部を、内視鏡を使用して撮影。「転倒」「事故」等による破損・破断・剥離等の有無を「外部」だけでなく「内部も目視チェックする」ことを目的とします。撮影した動画・画像をもとに、カーボン補強・補修または交換のアドバイスも行います。

※内視鏡検査は、カメラが入る穴(直径6mm以上のブレーキワイヤー等を通す穴など)があるフレーム(もしくはパーツ)に限り承ります。

 

IMG_0196

カーボンパイプ内部写真撮影(右側に剥離が確認できます)。

 

カーボン内部動画撮影(動画の終盤、右側に剥離が確認できます)。

 

 

ちばサイクル本店(カーボン補修・フレーム塗装ラボ)での作業ですが、受付は「相模大野コンセプトストア(電話:042-715-2007)」「湘南藤沢店(電話:0466-60-2026)」のみで承ります。

サービスを受ける際は事前予約をお電話にてお願いいたします

 

カーボン内視鏡検査:料金

写真撮影(ご希望の個所ごとに)3240円(税込み)※該当個所の写真を3~5枚撮影

動画撮影(ご希望の場所ごとに)10800円(税込み)

撮影した写真・動画はご提供いたします。

 

※検査前に内部洗浄が必要なため、フレームからすべてのパーツをはずした状態でのみ承ります。
パーツの分解および組立は別途料金がかかりますので、オーバーホール時にご利用いただくとお得です。

オーバーホールはこちらのリンクをご覧ください。

なお、上記料金には洗浄代が含まれます。

 

 

カーボン超音波検査

超音波検査とは

カーボンフレーム・カーボンフォーク・カーボンパーツは表面(外・内表面)を目視しただけではわからない「内部剥離(カーボン層の中間で剥離している状態)」を起こしている場合があります。これを超音波を使用して、見つけだします。前述の「カーボン内視鏡検査」のできない個所(内視鏡をいれる穴がないフレーム・フォークなど)でも検査が可能。また、カーボン内視鏡検査と併用すれば、より信頼性の高い検知が可能になります。

 

7ADA5343-51A4-4D02-A606-006E122DFB848Q2A4701

損傷がないところを計測した場合の波形

 

E962BAB0-A95C-4B4A-948C-E37E33E62A518Q2A4699

問題がある場合の波形。表層で剥離しているので、エコーが正常に出ない状態

 

ちばサイクル本店(カーボン補修・フレーム塗装ラボ)での作業ですが、受付は「相模大野コンセプトストア(電話:042-715-2007)」「湘南藤沢店(電話:0466-60-2026)」のみで承ります。

サービスを受ける際は事前予約をお電話にてお願いいたします

 

カーボン超音波検査:料金

・1破損個所ごとに、3240円(税込み)

・フレーム(全体検査)21600円(税込み)

・フォーク(全体検査)5400円(税込み)

検査結果は、説明付きでご提供いたします。

 

※原則としてフレームからすべてのパーツをはずした状態でのみ承ります。

パーツの分解および組立は別途料金がかかりますので、オーバーホール時にご利用いただくとお得です。

オーバーホールはこちらのリンクをご覧ください。

 

 

 

カーボン修理(補修 / 補強)

 

42D3DF69-C3E0-4BA2-9324-2DFECFB4FB5E

 

他の素材と同様に、カーボンファイバーも壊れます。カーボンファイバーと金属を比較してみると、金属部分を損傷させると曲がるか変形するのに対し、カーボンファイバーは一見だいじょうぶのように見えても裸眼では見えない壊れ方をしていることがあります。 

そこで、損傷(もしくはその可能性がある)カーボンフレームを、少しでも安心してご利用いただけるための「補強」を行うのがこのサービスです。

 

すべてのカーボン修理サービスには、「ちばサイクルの1年間保証」を付与、修理引き渡し日より1年以内に補強不足が原因によるクラック等が入った際には「再補強」を無料で承ります。

 

カーボン修理(補修 / 補強)は、ちばサイクル本店(カーボン補修・フレーム塗装ラボ)での作業ですが、受付は「相模大野コンセプトストア(電話:042-715-2007)」「湘南藤沢店(電話:0466-60-2026)」のみで承ります。

サービスを受ける際は事前予約をお電話にてお願いいたします

 

カーボン修理(補修 / 補強):料金

破損状態・破損規模によって補修方法が多岐にわたります。よって修理依頼のフレーム(もしくはパーツ)を拝見させていただき、ご説明のもとお見積りをさせていただきます。

 

 

カーボン修理行程ご紹介

 事例1:シートステー補修

 25E32633-E999-4E0A-B370-6115FFD8B2C5

※これは不要となったカーボンフレームを利用しての、補修デモンストレーションです。
実際にフレームが完全破断した場合は使用を禁止し、新品交換しましょう。

以下、補修のプロセスです。

 

10A7ED3C-5F76-40DF-853C-36D14681A9CD

まずは機械を使ってフレームを洗浄。フレーム内部まできれいにします。

 

6E868D4A-0647-4800-845E-58EEE5B72ECA

補修個所の塗装のみをきれいに剥がすと、表層剥離の有無がとてもわかりやすくなります。
(今回は故意に切断をしているので表層剥離はありません。)

さらにカーボン表面に残った被膜をはぎとり、アセトンで脱脂します。

 

11CAE41D-2F00-4B68-ABB5-D9A0C0C90FC2

強度が必要なので、カーボン積層を2度にわけて行いました。

1回目:フレーム表面と同じレベルになるように。
2回目:さらに幅を広げてフレーム全体を幅広く覆うように再積層&高温硬化。

画像は塗装前のサフェイサーを吹いているところです。

 

Skype_Picture7

完成。

 

 

事例2:シートチューブ補修

E54C339D-C938-48AD-B792-2D6A5AEA733C

フロントディレーラーのオーバートルクでダウンチューブの強度が落ちています。
強く押すとへこむ状態なので強度をあげます。

 

07CF6185-88F7-4711-8CDD-D1E54559D361

フロントディレーラーのバンドを巻く部分よりも大きな幅で塗面を剥ぎ、洗浄。

 

B96EAB72-8C32-4339-A094-996348222E69

積層後の画像。今回はFディレーラーを締め付けると塗装面が変形するので、カーボン地のまま仕上げます。

 

AF5C34B1-A31F-4C76-8AB3-47566FCC858F

完成。Fディレーラーがしっかり固定されました。

 

 

 

事例3:BB周辺補修

CFB17735-0AD4-40B5-9F0C-C098FFC6D515

チェーンが外れ、フレームとクランクの間に食い込み、フレーム表面のみならずカーボン層も剥離の可能性があり。これを補強します。

 

D1183E7A-EDD7-4703-928E-73B5E5F7E96A

塗装面を削ってみると、たしかにカーボン地までえぐれているのが確認できます。

 

Skype_Picture

完成。

 

 

事例4:BB修理

44D6B6F2-1E7D-4DD4-9C78-E293A89A425C

BB90にシールドベアリングをはめてみると、かなりガタがあります。
これが原因でペダリングすると異音がするので修理します。

 

3B52FBC0-2586-4BBF-8874-9264E0EB5CBF

作業に使ってるカーボンクロスで一番薄い、1K平織(東レ製)を仮加工して

 

35CF893D-0B79-4237-A272-F091732B9C13

BB穴側面に挿入&高温硬化。

 

ED95E34C-A644-469B-BFEA-CE5A4F7B5502EF9D722E-1E77-4CEF-AECC-156365DE7FF8

冶具でチェックしながら不要な部分をピンドリルで削っていきます。

 

1F5365F1-405E-4FEE-B7AA-35F5919B2D54

完成。ガタがなくなりました。

 

 

 blogをご参考ください

ちばサイクル本店(カーボン補修・フレーム塗装ラボ)紹介ページのブログにて、カーボン修理の事例をご紹介していきます。

リンク:ちばサイクル本店紹介ページへ