CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English
TREK Emonda SLR 2018 model
  • トレック(TREK)
  • Emonda(エモンダ) SLR 6 2018モデル
  • ¥590,760(税込)
トレック エモンダ SLR 6 Viper Red/Trek Black 1

トレック エモンダ SLR 6 Viper Red Trek Black

トレック エモンダ SLR 6 Viper Red/Trek Black 2

本カラーはステム/シートマストがスペシャルカラーです

トレック エモンダ SLR 6 Matte Anthracite/Gloss Black 1

トレック エモンダ SLR 6 Matte Anthracite Gloss Black

トレック エモンダ SLR 6 トレック エモンダ SLR 6 Matte Anthracite/Gloss Black 2

車体重量は56cmサイズで6.79kg!

トレック エモンダ SLR 6 Project One Now Solid Charcoal/Radioactive Orange

Project Oneも選択可。カラーバリエーションの一例です。

トレック エモンダ SLR 6 Project One Now Radioactive Yellow/Trek Black

Project Oneでパーツ構成などもカスタム可能(別途アップチャージがかかります)

本カラーはProject Oneで選択可能

トレック エモンダ SLR 6 Viper Red/Trek Black 1 トレック エモンダ SLR 6 Viper Red/Trek Black 2 トレック エモンダ SLR 6 Matte Anthracite/Gloss Black 1 トレック エモンダ SLR 6 トレック エモンダ SLR 6 Matte Anthracite/Gloss Black 2 トレック エモンダ SLR 6 Project One Now Solid Charcoal/Radioactive Orange トレック エモンダ SLR 6 Project One Now Radioactive Yellow/Trek Black

Emonda SLR6の重量・価格・コンポ―ネントを掲載

TREK史上最高のヒルクライム向けバイク

トレックが持つ技術の粋をつくし、フレーム重量640グラムという驚異的な軽さを実現。さらに、ロングライド中の疲労感に影響する「衝撃吸収性」、瞬間的な加速力に影響する「剛性」の両方を2017モデルに比べて向上させることに成功しています。究極のヒルクライムバイクでありながら、あらゆるシーンにおいて他のトップクラスロードバイクに劣るポイントがないオールラウンドに使える一台です。

 

 

Emonda SLR6の基本スペック

[フレーム]OCLV700カーボン+内装ケーブル

トレックが使用するカーボン素材のうち、最も軽量で、力強い走りをサポートできる「OCLV700」シリーズカーボンを採用。世界最高クラスのフレーム重量640グラムを達成。

更に、Control Freakと呼ばれるケーブルマネジメントにより、ブレーキ/変速の機能を妨げず、最高の見た目に仕上がる美しいラインを実現。

 

[価格]フラグシップモデルが50万円台から購入可能

エモンダSLRは、世界のトッププロが駆るまぎれもないフラグシップモデルです。最高の性能とルックスを兼ね備えたバイクが50万円台とリーズナブルな価格設定で登場。

さらに、「フレームセット単体購入」や「プロジェクトワンによるオンリーワンカスタム」にも対応します。

 

[パーツ] シマノ「アルテグラ」を搭載

シマノ最高峰「デュラエース」の技術を受け継いだ、New「アルテグラ」をフル搭載しています。

パワー伝達性が向上したクランク,軽いレバータッチとスムーズな変速機能は、いかなる場面でもライダーの力を無駄にせず扱いやすいコンポーネントです。

尚、ブレーキキャリパーについては、軽量化とタイヤチョイスができるよう「Bontrager Speed stop pro」を採用。好みに合わせてダイレクトマウントタイプのシマノブレーキに換装もできます。

 

Emonda SL6 Proの評価ポイント

OCLV600/700シリーズカーボン

2017_Trek_brand_factory_9450_HR_mr

エモンダSLR6にはトレックの最上位グレードカーボン「OCLV700」を採用しています。

OCLV700はフレーム重量の軽量化と鋭い反応性を必要とするエモンダに最適なカーボンシートとトレックが持つ最高のカーボンレイアップ技術によって成し得るフラグシップモデルだけに用いられるカーボングレードです。

 

標準的で、幅広いライダーが最適なライドポジションを見つけ出せる「H2 Fit」以外に、オーダーシステム「プロジェクトワン」の利用でよりアグレッシブなポジションを出せる「H1 Fit」も選択可能です。

 

トレックオリジナルのテクノロジー

エモンダSLRには、一般的なロードバイクとは異なる性能UPのためのテクノロジーを用いています。このうち「剛性」「快適性」を高める工夫をした2つのテクノロジーをご紹介します。(他にも様々なテクノロジーが使われています。)

■BB90


BB90_1
一般的なBB68とBB90の比較イメージ

BB(ボトムブラケット)は、ライダーのパワーをタイヤへ伝えるクランク軸周辺(ベアリング圧入部)のフレーム部位を指します。この部位の剛性を高めることで、ライダー→自転車のパワーロスを軽減させることができます。トレックは高い成型技術を用いることでフレームに直接ベアリング圧入部を設けました。

これは現時点で、TREKだけが有するBB形状です。(BB30などの類似規格は存在します)。フレームがライダーパワーを直接受け止めるため、BB剛性をUPさせることに成功しています。

 

■ライドチューンドシートマスト

2014-IMG_2730

トレックのロードバイク上位モデルに採用されたテクノロジーです。カーボンフレームの衝撃吸収特性を最大限に活かすため、シートポストの構造を見直しています。

この構造はプロ選手からも好評で、路面→後輪に伝わった衝撃をフレームが緩和し、ライダーは振動による筋肉疲労などを起こしづらい効果を得ることができます。

 

 

Project One(プロジェクトワン)

Asset_159376

塗装カラー/コンポーネント/ホイール/サドル…ほかにも複数のアイテムを無数の組み合わせで選ぶことが出来るセミオーダーシステムを利用できます。

自分だけの一台…それも最高の一台を作るために、システムのシミュレートをしてみましょう。

 

 

関連リンク:2018 TREK(トレック)のロードバイクEmonda(エモンダ) ALR/SL/SLRの特徴・評判

関連リンク:TREK(トレック)2018年モデルの最新情報(ロードバイク・クロスバイク)を最速公開!

参考リンク:金利無料プログラム

カラー  Matte Anthracite/Gloss Black/Viper Red/Trek Black
サイズ  47,50,52,54,56,58,60,62cm
フレーム  Ultralight 700 Series OCLV Carbon, ride-tuned performance tube optimization, E2 tapered head tube, BB90, direct mount brakes, internal cable routing, DuoTrap S compatible, Ride Tuned seatmast
フォーク  Émonda full carbon, carbon E2 steerer, carbon dropouts, direct mount brakes
ホイール  Bontrager Paradigm Comp Tubeless Ready
タイヤ  Bontrager R3 Hard-Case Lite, 120 tpi, aramid bead, 700x25c
シフター  Shimano Ultegra, 11 speed
フロントディレーラー  Shimano Ultegra, braze-on
リアディレーラー  Shimano Ultegra
クランク  Shimano Ultegra, 50/34 (compact)
カセット  Shimano Ultegra, 11-28, 11 speed
ブレーキ  Bontrager Speed Stop Pro
重量  56 cm - 6.79 kg / 14.96 lbs
備考