CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

Precision Fit(プレシジョンフィット)シートポストオフセットについて

サドル前後位置の調整には「オフセット」も関係してくる

「ペダルのまわしやすさ」、「膝の痛みや違和感」においては「サドルの前後位置」が適正なのか?ということが深く関係しています。今回はこの前後位置調整にも影響してくる「オフセット」についてお話しします。

オフセットとはどの部分?

DSC_0073

写真の矢印部分。シートポストに対してサドルを固定している部分がやや後ろに付いています。この部分を「オフセット」と言います。オフセット量はシートポストによっていくつかあり、写真のシートポストオフセット量は「20mm」となっています。

サドルレール部分での調整は限界がある

DSC_0072
矢印部分の目盛までしか調整ができません。

なぜオフセット量がサドルの前後位置に関係してくるのか?それはサドルの前後位置調整には限界値があるからです。写真のようにサドルを固定できる位置は決められており、これよりも前にだすことも、後ろに下げることもできません。この調整範囲内で適正なサドル位置に調整できない場合、オフセット量での調整が必要になります。

車種によってもサドルの前後位置はさまざま

Rd_Race_Tri_Iron_Man_M_17_26

「ロードバイク」や「タイムトライアルバイク(TTバイク)」など使用するバイクが変わればサドルの適正位置も変わってきます。同じポジションでそれぞれのバイクを使用しているかたは、本当に適正なポジションで乗車できていない場合も多く調整が必要になります。
プレシジョンフィットでは、車種ごとに適正なサドル前後位置を計測させていただき、それにあわせて適正なオフセット量のシートポストもご提案します。

プレシジョンフィットについてはこちらから