CHIBA CYCLE ちばサイクル
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

[2018モデル]TREK(トレック) Emonda SL5(エモンダSL5)インプレ!

emonda_sl5_banner

2018モデルのエモンダSL5で100kmサイクリング!乗り心地は?

価格23万円(税込)と去年よりぐっとプライスが下がり注目が集まっている、ロードバイク「トレック エモンダSL5」を当店スタッフの古舘(ふるだて)が実走テストしました!

乗り心地や走行性能、上位モデルとの比較にテーマを絞ってインプレします!

■目次

■エモンダSL5の特徴をおさらい!

■100km複合コースで性能テスト

 ・「快適さ」の良し悪しをインプレ!

 ・「走行性能」をインプレ!

 ・上位モデルとの比較をインプレ!

■まとめ

 

エモンダSL5の特徴をおさらい

emonda_sl5_bikephoto

TREKの中上位フルカーボンロードバイク

エモンダSL5は、トレックのロードバイクラインナップで「中上位」に位置するモデルです。フレーム全てがカーボンで出来ていて、カーボン自体も「OCLV500シリーズ」と呼ばれる軽量なシートを採用しています。

2017年モデルでは30万円程度の価格でしたが、2018年モデルはなんと23万円(!)と驚きのプライスで登場しました。

※完成車価格は共に税込価格で表記しています。

 

「シマノ 105」をフル装備、ビギナーのスターターモデルとしても最適

20万円台前半のフルカーボンロードバイクながら、パーツ類もバランスの取れた構成になっています。コンポーネントは「シマノ 105」をフル装備。(ブレーキ/クランク含む)

ホイールはトレックのグループ企業にあたる「ボントレガー」社製のエントリーモデルを採用しています。

完成車重量は8.38キログラムとなっています。これはメーカー純正状態の重量としての公表値なので、パーツ交換でさらに軽くすることも可能だと思います。

さらに詳しく:[2018モデル]TREK(トレック) Emonda SL5(エモンダSL5)車体レビュー

 

IMG_4689

 

注目度が高いバイクでいよいよテストライド!これまで乗ってきたロードバイクと、どんな違いを感じることができるのでしょうか!?

 

100km複合コースで性能テスト

cycling_emonda_sl5
三浦半島にはサイクリスト向けの「マイルストーン」が計8か所設置されています。これはそのうちの一つ

藤沢~城ヶ島~横須賀と三浦半島を周遊

今回は、ロードバイクを購入したかたが目標にすることも多い「三浦半島一周サイクリング」をテストコースに走ってきました!細かな登り坂&下り坂があり、海岸線特有の強い風など意外とタフなコースですが、エモンダSL5の実力試しにはうってつけでした!

それではインプレッションをご覧ください!

 

ロングライドに適してる?乗り心地をチェック!

兄弟モデルの「ドマーネSL」が快適性を売りにしていることもあって、エモンダSLはレース向けで乗り心地もそんなに良くないのでは…?という疑問を抱いているかたには朗報です!

エモンダSL5の乗り心地は良いです!

実際この100kmサイクリングでは、エモンダSLの乗り心地の良さにびっくりしました。普段乗っている通勤用のカーボンロードに比べても乗り心地が良いです!

 

19895
シートマスト:フレームにシートを取り付けたパーツが被さる構造になっており、シートチューブが大きくしなる

 

これはトレックが採用しているフレーム構造がうまく働いていると思いました。シートの固定部分を一般的な自転車と異なるものにした「ライドチューンドシートマスト」という構造です。

後輪からの衝撃をフレームで大きく緩和するような構造になっており、この衝撃吸収力によって、三浦半島の一部荒れた道路も快適に走行することができたのだと思います。

 

操作性/加速/…走行性能をインプレ!

快適さは満足できるレベルでしたが、走行性能についてもチェックしながら走ってみました!以下の3つのポイントについて印象を書いていきます。

■操作性能

この点については「エモンダ」の名を冠しているとおり、コーナーでの安定性やダンシング(立ちこぎ)のときのブレがなく、扱いやすく感じました。これからロードバイクをはじめるかたには、エモンダSL5の操作性能の高さは大きなプラスポイントだと思います。

■加速

加速については、はじめてロードバイクに乗るかたと、すでに乗ってるかたとで評価が分かれるかもしれません。個人的な感触としては「フレームの性能に、ホイールが追い付いていない」部分を感じました。具体的には漕ぎ出しが少々重く、低速域の加速は若干悪いものの中速~高速域の加速レスポンスは良い…といった具合です。

完成車という性質上仕方ありませんが、ホイールについては購入後にアップグレードも考えてみると良いと思います!

 

上位モデル(Emonda SLR)との比較

普段私が乗っている上位モデル(エモンダSLR)との比較としては

■重量面はやはり重く感じる
→この面は仕方ないと思います。なんせ今の車体は5.5kgですから(笑) 最初は、この重さに慣れませんでしたが、しばらくするとエモンダSL5に乗っていても気にならなくなってきました。

■漕ぎ出しの良さ
→これもフレームだけの差ではない(恐らくホイールも大きく影響)のですが、停車時~加速を始めたとき、エモンダSL5は加速が鈍く感じました。

というわけで、エモンダSLR視点で見ると辛口なレビューになってしまいましたが、上位モデルは色々な面で性能アップしているということが分かりました(笑)

 

まとめ

エモンダSL5は、実際に乗ってみると次のようなロードバイクでした!

 

・100kmのサイクリングでも十分な快適さを実感!…乗り心地◎

・操作性の良さに「エモンダ」らしさを感じる。コーナー/ダンシングは特に良い…操作性◎

・加速は低速域に少々難あり。一定以上の速度域からさらに加速するときは問題なし…加速性能〇

 

総合的に見るとバランスのとれたロードバイクで、「はじめての一台/2台目以降の乗り換え車体」のいずれにも満足できるポテンシャルを感じました。

その分、ホイールの性能がフレームに追い付いていないところが経験者には気になるポイントになることも…。しかしこれはライダーのスタイルに合わせたホイールにアップグレードすることで車体性能を劇的に改善するカスタムポイントだと言えるでしょう。

エモンダSL5を自分も試したい!と思ったかたは当店へお越しください!常設試乗車をご用意してお待ちしております!

以上、エモンダSL5インプレでした~!(古舘)

■インプレッションライダー「古舘(ふるだて)」

 

ちばサイクル湘南藤沢店のスタッフ。青森県出身。富士ヒルクライムを中心としたイベントに参加。今季は、富士ヒルで1時間10分21秒という成績。学生時代から自転車競技の世界にいて、多数のロードバイクを乗り継いできている。現在、メインの乗車バイクは「トレック EMONDA SLR」

 

古舘が綴る自転車ブログはこちら:古舘のチャレンジ日記

古舘が乗車した他車種のインプレ記事:TREK Emonda SLR(トレック エモンダSLR)インプレッション

                  TREK Madone9(トレック マドン9)インプレッション